借金をすると決めた日

借金から解放されたいけど気づいたらまた借りて・・・

借金で給料差し押さえの仕組みと回避方法

給料差し押さえは裁判所を介して法的に実行が認められる、債権回収方法のひとつです。借金の返済が滞った債務者に対し、債権者が行う回収手段であり、強制力を有するのがポイントです。この状況の当事者となれば、日常生活に金銭面の支障が避けられないばかりか、勤務先における自身の信用失墜も深刻です。

ここでは以下、給料差し押さえの仕組みと回避方法について説明します。

給料差し押さえは合法的かつ手っ取り早い債権回収方法

借金の返済が滞っている債務者に対し、債権者が合法的に行う債権回収方法が給料差し押さえであり、債務者の勤務先の賃金から取り立てる方法は手っ取り早いため、一般的に行われています。また給料差し押さえは強制執行であり、行政を通じた債務者の財産、債券、不動産を差し押さえる債権回収方法と言う点で共通しています。

強制執行であるがゆえに、債権者は裁判所を通さずに、単独でこの行為に及ぶことは認められていません。所定の手続きが必要で、「給料」「預貯金」「動産」「不動産」が対象となります。

給料差し押さえが可能な金額

法的に認められた債権回収方法の給料差し押さえですが、その全額が差し押さえられるわけではなく、限度額が設定されています。ちなみにその上限は、給料の法定控除額を差し引いた4分の1までです。ちなみに法定控除額とは税金や社会保険で、会社が差し引く共済費、積立金、住宅ローンは法定控除額の対象ではありません。

また給料から法定控除額を差し引いた額が33万円を超える場合、超過した全額もしくは上記の4分の1、いずれか大きな金額の差し押さえが可能です。たとえば40万円であれば、4分の1の10万円と33万円を超える7万円の大きな方、すなわち10万円までが差し押さえ対象の上限額です。

ポイントとなる債務名義と給料差し押さえ実行の前兆

債権者が強制執行である差し押さえを行うに際しては、債務名義と称される、差し押さえを実現するうえで必要な請求書の存在、範囲、債権者、債務者を記した公的書面が必要です。具体的には確定判決、仮執行宣言付判決、仮執行宣言付損害賠償命令、仮執行宣言文付き支払い督促、執行承諾文付公正証書、和解に代わる決定書など、いずれもが専門的な書面です。

債権者がこれらを入手するためには、それなりの手続きが必要であり、差し押さえが実行された以上、債権者がこれらを入手していると判断できます。また債権者を退職させない、財産隠しに及ばせないために、給料差し押さえは突然実行されます。

裁判の申し立てや催告書が届くなどの前兆が見られますが、差し押さえの時期の事前通告はありません。これらの前兆が見られた際には放置せず、速やかに債権者に連絡を取ることで、差し押さえを回避する対処をとる必要があります。

給料差し押さえの流れ

給料差し押さえに際しては、まずは債権者が裁判所に対して債権差し押さえの申し立てを行います。その内容を裁判所が認可することで、強制執行が認められます。ただし債権者が直接勤務先に対して執行するのではなく、あくまで裁判所から勤務先に差押命令が下されます。

裁判所が認可すると、債務者と債務者の勤務先双方に「差押命令正本」が送付され、これが差押命令に該当します。これによって債権者は第三者である債務者の勤務先から、定められた限度額内の債権回収が可能となります。

この事態に及べば、債務者は自身が深刻な借金問題の当事者であるばかりか、債務不履行を生じさせている事実が職場に露呈してしまいます。また裁判所からの命令である以上、差し押さえに異義を唱えることはできず、必ず従わねばなりません。

給料差し押さで懸念されるデメリット

給与差し押さえが実行されると、自身が借金トラブルの当事者であり、債務不履行を生じさせている事実が社内に露呈してしまいます。これを理由とする解雇こそ認められていませんが、社内における逆風は避けられません。

金銭にルーズな人間とのレッテルを貼られ、重要な仕事を任せられないと判断されるなど、その後のサラリーマン生活が辛く厳しい日々となる可能性が見過せません。また手取り額が減額されることで、少なからず月々の生活に悪影響が避けられません。

差し押さえ可能額の上限こそ定められており、全額手に入らないことはありませんが、家計面やライフプランを見直さねばならない場面が想定されます。

給料差し押さえの回避に関して

先述の通り、給料差し押さえは事前通告なしに突然実行されますが、それまでにはその可能性を示唆する、さまざまな前兆があります。大切なのはどのような前兆がシグナルなのかを冷静に理解のうえ、該当する状況となった際には、迅速に対策を講じることで、回避に努めなければなりません。

まずは複数回催告書や督促状が届いているにも関わらず、事態を放置している場合です。これらの書面はいずれも、給与差し押さえの警告書の意味合いが強い、債権者からの支払い督促です。次に過去借金にまつわる裁判で債務者側が敗訴しており、それでも返済が滞っている場合、債権者は強制執行に及ぶ可能性が十分想定されます。

裁判での敗訴は法的債務履行命令が下されている状況であり、さらなる放置は厳禁です。返済が著しく滞ったまま、債権者側との連絡を絶つ、先方からの連絡に対して無視を続けるなどは、いずれも強制執行である給料差し押さえに直結する、常識的にも許されない対応です。

その理由に関わらず債務不履行の謝罪と、その事情や理由の説明、そして返済に努力する姿勢を伝えるなど、債務者側から積極的に連絡を入れる姿勢が大切です。

要注意の債務者による強制執行妨害と債務整理という選択肢

給料差し押さえの前兆を察知から、実行が避けられないと察知すれば、債務者としては何らかの回避方法を探って対応したいところですが、意図的な差し押さえ逃れは罰則の対象となる場合があり、要注意です。これは強制執行妨害と称される罪で、懲役2年以下もしくは50万円以下の罰金刑となる可能性が想定されます。

具体例として、差し押さえが実行されると知っていたうえで、勤務先に「債務者が退職した」などの虚偽の報告をしてもらう強制執行回避があげられます。また債権者からの督促に応じたくとも、現実的に返済できない状況に追い込まれている場合、給料差し押さえの回避方法として、債務整理という選択肢を視野に入れるべきでしょう。

これは債権者との間に弁護士や司法書士が入り、利息や借金の減額を含めた和解調整を行う借金トラブル解決法です。具体的には自己破産、個人再生、任意整理など複数の選択肢があり、借金問題の状況や債務者の返済能力によって、最適と判断される方法が異なります。

© 2018 借金をすると決めた日 Bluesand Theme